トップ月別受信速報>20170831
【8月の話題】 @

魚刺傷・腔腸動物(クラゲなど)刺傷につい


日本中毒情報センターでは、魚やクラゲなどの水生動物に刺されたりする事故について、2016年は19件の問い合わせを受けています。
オコゼやエイなど有毒なトゲを持つ魚に刺された場合は、直後に痛みが出現し、患部を湯(45℃以下)に浸けると痛みが軽減されることが知られています。
例年、夏になると事故の問い合わせが増える傾向にありますので、海水浴や魚釣りの際は気をつけましょう。





                                                            (2017年8月31日掲載)
    【月別受信速報】へ戻る
 
公益財団法人 日本中毒情報センター
Copyright(C)2015 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.