トップニュース欄>北朝鮮飛翔体
 
北朝鮮の飛翔体事案に関する中毒情報について

 
 新聞報道等によると、2012年4月12日(木)〜4月16日(月)に北朝鮮から飛翔体が
発射される可能性があるとのことです。

 飛翔体の推進剤として使用される推定物質としては、燃料は非対称ジメチルヒドラジン、
酸化剤は赤煙硝酸が考えられています。ご参考までに各成分の中毒情報を掲載いたします。
  



 以下は当センターが作成した非対称ジメチルヒドラジン(1,1-ジメチルヒドラジン)、
硝酸、二酸化窒素に関する資料です。

*赤煙硝酸
  硝酸と四酸化二窒素の混合物。
  四酸化窒素と二酸化窒素は化学平衡を形成するため、二酸化窒素も含まれる。

〔医師向け中毒情報〕

 1,1-ジメチルヒドラジン (掲載終了)    

 硝酸  概要版 (掲載終了) 

 二酸化窒素  概要版 (掲載終了) 


 (ご参考) 解毒剤情報 

  メチレンブルー (掲載終了)
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.