トップニュース欄>(タイトル)
 
マスタードガスクロロアセトフェノンについて
 
新聞各社によると、以下の中毒事故が報道されました。
 ”神奈川県寒川町の工事現場で不審な液体が入った古いビール瓶が割れ、作業員に発疹などの症状が出た問題で、国土交通省横浜国道工事事務所は11月6日、内容物の主成分がびらん剤の「マスタード」と催涙剤の「クロロアセトフェノン」と特定されたと発表した。





以下は(財)日本中毒情報センターが、会員(医療従事者)向けホームページに掲載している
”マスタードガス”と”クロロアセトフェノン(別名:CN)”の概要情報です。


    マスタードガス            

    クロロアセトフェノン(別名:CN)
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.