トップニュース欄クレゾール
 
クレゾール石けん液について
 
 新聞報道によると、2004年12月19日に東京都内の地下鉄で、座席に液体がまかれ、乗客1名が化学熱傷、2名が気分不良を訴え、病院に運ばれたとのことです。
液体は分析の結果、クレゾール石けん液であったと、後日報道されました。




 
 クレゾール石けん液は、クレゾール50v/v%を含む黄褐色〜赤褐色の粘稠性のあるアルカリ性液体である。通常、植物油300mLに水酸化カリウムを加えてけん化させたものに、クレゾール500mLを加え、精製水で全量1,000mLとしたものである。

 以下はクレゾール石けん液に関する資料です。

 クレゾール石けん液  

  
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.