トップニュース欄一酸化炭素
 
一酸化炭素による中毒事故について
 
 新聞報道等によると、2009年6月2日(火)午後5時50分頃、山口県美祢市のホテルで
宿泊客が体調不良を訴えていると119番通報があり、宿泊客ら22名が病院へ搬送され、
うち男性1名が死亡したとのことです。
 
 死亡した男性や体調不良を訴えた女性らは3階の部屋の中や付近で倒れており、
119番通報から約3時間後の午後8時45分に3階の部屋の一酸化炭素濃度を測定したところ、
300ppm検出したとのことです。
 


 以下は当センターが作成した一酸化炭素に関する資料です。

 一酸化炭素 (概要版
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.