トップニュース欄アスファルト
 
アスファルトの吸入によると考えられる中毒事故について
 
 2007年5月24日(木)11時頃、埼玉県川口市内の小学校で、校庭近くで道路工事をしていたアスファルトを加熱した際に発生したガスを吸入し、小学生約30名が病院に搬送予定であると当センターへ問い合わせがありました。

 新聞報道によると、川口市内の小学校の敷地内で駐車場の舗装工事をしており、アスファルトのにおいが原因の可能性があるとのことです。



以下は当センターが作成したアスファルト類に関する資料です。

 アスファルト類
 
 
Copyright(C)2014 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.