トップニュース欄ヘリウム
 
ヘリウムガスを吸い込む事故に注意しましょう!
 

2015年2月5日
 
声が変わるヘリウムガスを吸い込んだことによる事故が発生しています。

日本中毒情報センターには、「子どもが銀色の風船のガスを吸い込んでしまった」「声が変わるガスを吸い過ぎた」というような、玩具に使用されたヘリウムガスを吸ったことによる事故に関する相談が、2001年4月から2012年3月までに32件寄せられています。

玩具に使用されたヘリウムガスを吸ったことによる事故32件の特徴は次のとおりです。
 ・原因となったのは、風船のガスが26件、声が変わるガス(ヘリウムと酸素の混合ガス)が5件、不明1件でした。
 ・患者の年齢は5歳以下が13件、6-12歳が18件、成人が1件でした。
 ・半数にあたる16件で、意識消失、嘔吐、顔面蒼白、気分不良などの症状を認めました。

万一吸い込んで症状がある場合は早めに医療機関や日本中毒情報センターにご相談ください。


なお詳細については、下記PDFファイルをご参照ください。
 日本中毒情報センター情報提供資料_ヘリウムガス20150220.pdf日本中毒情報センター情報提供資料_ヘリウムガス20150220.pdf


日本中毒情報センターでは事故防止の観点から、これらの事故について、
厚生労働省の『家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告』の「家庭用品等に係る吸入事故等に関する報告」
において報告しています。
 
 
 
 
Copyright(C)2015 Japan Poison Information Center. All Rights Reserved.